油性肌と乾燥肌の見分け方は?簡単にチェックする方法とは?

MENU

美肌を目指してたのに乾燥肌に

美肌を目指してなるべくノンケミカルな肌に良い成分を基礎化粧品に取り入れていたのに、間違ったケアのせいで混合肌から乾燥肌になってしまいました。

 

きっかけは30代になりホルモンバランスの乱れからか大人ニキビが出来る様になったため、洗顔方法をニキビが出来にくくなる方法に変えた事です。

 

ニキビが出来なくなるようしっかり洗顔ししっかり角質を除去しなければと思って、洗顔時にスクラブの洗顔料を使ったり毛穴ケアのためクレイパックをしたり卵白洗顔をしたり、とありとあらゆる方法を試してみました。

 

どうもこの頃から化粧してもやたら顔がテカったり一部分が乾燥したり、と今までにない症状になり、ある日突洗顔時に顔がピリッとしその後から洗顔をすると顔が赤く腫れる様になりました。

 

実際何をやっても悪化するばかりだったので、水洗顔と非接触生活をすると本来の自分の肌がどんな物か理解でき肌も強くすることが出来ると知りました。

 

これは今まで使っていた基礎化粧品を一切使わない、という美容方法だったので、始めた当初は本来の肌である乾燥肌のため、肌がボロボロにめくれ上がり、所によっては赤く腫れ痒くなるなどあとぴーの様な症状になりましたが、毎月毎月生理前に肌がめくれ今では乾燥知らずの、ぷっくりした肌になり肌のトーンも一段階明るくなり、とても喜んでいます。

 

たまにはお肌も痛めて強くさせるのもありだと思いました。皆さんも乾燥肌で悩んでおられたら、一度試してみてください。

乾燥肌の原因は洗顔にもあるって本当?

「普段メイクをしていなければ、それほど乾燥肌になることはないだろう。」などと思っていませんか?実は、乾燥肌の原因はメイクによる刺激だけではなく、毎日朝と夜に行う洗顔にもあるのです。

 

洗顔を行った後は、水分の蒸発が進みやすいと言われています。洗顔料の刺激、洗顔の仕方による刺激などに、乾燥肌の原因が潜んでいます。

 

まず、洗顔料に関して言うと、洗浄力の強い洗顔料は汚れだけではなく、肌の水分を保持するのに大切な水分や油分まで落としてしまうことがあります。できるだけ肌への刺激が少なく、保湿効果のある洗顔料を使用すると良いでしょう。

 

それから、洗顔の仕方に関して言うと、1日に2回どころか何度も洗顔を繰り返している人も多いでしょう。1日2回の洗顔でも、ゴシゴシと擦り洗いをしている人もいるでしょう。

 

このような洗顔を毎日のように繰り返していれば、肌は日に日にダメージを重ねて乾燥が進んでいきます。乾燥肌を予防するためには、洗顔は多くても1日に2回までにしておきましょう。

 

どうしても肌の汚れが気になって、2回よりも多く洗顔をしたい場合には、洗顔料を使用せず、ぬるま湯のみで洗顔すると良いでしょう。そして、洗顔を行う場合には、洗顔料を泡立てて泡の上から指の腹を置いて、優しくマッサージをしながら洗いましょう。

更新履歴